ワハハと暮らそう

フラメンコを真ん中に。手作りファルダ。たまに嵐。2015年一児の母に。

--.--.-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.14 Tue 00:46
母が小説書いています。
県の文芸賞に応募するのだそうです。

その小説が大詰めを迎えています。
お正月に読んだときより、とても読みやすくなりました。
文節とか、流れが気になるけど、素材はいいんですよ、ホント。

戦争から帰ってきた祖父の話。
戦地からマメに手紙をよこした祖父。
帰ってきてからも陽気だった祖父。
でも戦争の話は一度もしなかった祖父。

母との確執。
幼少の頃から感じていた、違和感。溝。
中学(高校だったか?)のときに突然思い立ち、一人市役所に戸籍を見に言ったときの話。
母の欄の知らない名前を見て、とても納得したときの話。

*hana*の父の小さい頃の話。
お正月に絵を売ってささやかなお小遣いを稼いだこと。
その絵は当時の先生が描いて、大晦日に持たせてくれたこと。

幼少の頃に育ったあの古い家を建てたくて、建てたくて、母は本当に鹿沼に建ててしまった。
会津から、母の小さな頃を見下ろしていた大きな杉を伐採して、持ってきた。
大工さんとケンカをしながら、本当に建ててしまった。

そしてそうして建てた家が、導いてくれたのか。
2010年、母は生みの母に、初めて会った。

祖父は、「母が20になったら必ず会わせるから」と約束していたそう。
そして、その約束を母に伝えず、祖父はほどなく事故で亡くなった。
あの時の祖父の言葉が、生みの母に一筋の光を与えていたんだと、母はつづる。



現在と、古い過去とが重なり合いながら、家の物語をつづる。
決して美しいだけではない物語だけど、移り行くときの中で、母がとても幸せなことが伝わる物語。





あーとって欲しいな!!文学賞!!
あと一歩な気がするけど、もうどこ直したらいいか分からん!!










スポンサーサイト
う~ん、すごく読んでみたい。素晴らしい素材だと思う。
賞の締切はかなり近いのかしら? そして枚数はかなりなんだよね?
From:cokenta URL 2011.06.14. Tue 02:15 [Edit]
>cokenta

締め切りは8月ぐらいだったかな。でも夏は忙しいから6月中には提出するらしい。
そんなに長くなかったな。短編小説程度かな?

でも今のままではダメなのよ。
あきらめず、校正します。
From:*hana* URL 2011.06.14. Tue 11:00 [Edit]
Name
Mail
URL
Title
Message

Pass
Secret

Top

Trackback URL

Top
Calendar
2017.08.
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
販売中のファルダ
クリックで詳細ページへ。
メールフォーム
ファルダ希望の方は①ファルダ名とサイズ②名前③アドレスを記入。 ワハハ通信はお休み中。配信申し込み受け付けていません。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

※メアドの間違いが増えています。再度ご確認ください。  
カテゴリ
過去製作のファルダ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カウンター

Copyright © ワハハと暮らそう All Rights Reserved.

Material by ふわふわ。り / Designed by Flug

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。